2010年06月02日

数珠にはたくさんの種類があります

その影響からか、位牌型の板碑や今日の墓石に近い角柱型のものもつくられるようになった。例えば、特撮などで見られる「ここが貴様の”墓場”だ」との台詞では、墓場は「”刑場”」を意味する。又、「墓場」という語は、墓地(埋葬される場所)と刑場(殺害される場所)の2種類の意味があり、文脈で意味する所が異なる。墓石(ぼせき、はかいし)とは、墓のしるしに建てる石。そもそもは子育て幽霊を脚色した伊藤正美作の紙芝居『ハカバキタロー(墓場奇太郎)』を作者承諾の上で、水木がオリジナルの紙芝居に仕立てたのが鬼太郎シリーズの原点である(紙芝居の鬼太郎作品は現存してないとされているが、探偵!ナイトスクープ内でそれらしきものが発見されている)。数珠(じゅず、ずず)は穴が貫通した多くの珠に糸の束を通し輪にした法具。数珠 男性用と言えばお墓参りをイメージしますが、常に身に付けていると、心が落ち着くんです。またこの墓石・墓碑のことを墓ということもある。王などの有力者は巨大な墓を築くことが多く、それらは単に死者を祀る場ではなく、故人の為した業績を後世に伝えるモニュメントとしての性格も帯びる。
posted by おう at 16:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。