2010年06月23日

仏教はインドからやってきました

仏教の歴史においては仏教の開祖シャーキヤムニ(釈迦牟尼、釈尊)をさす。隋の文帝が混乱に乗じて政権を簒奪した北周では、第3代の武帝 (北周) 武帝の時代に、儒教・仏教・道教の三教に対する宗教政策(文教政策)が、その親政前に盛んに論議された(三教談論)。仏教用語は、仏教発祥の地であるインドが起源であり、そこで生まれた様々な用語は中国において、般若や三昧など、発音に漢字を当てはめた音訳、或いは識、空など意味の該当する漢字に置き換えた意訳の2種の方法によって中国語化され、更にそれらの漢字化された仏教用語は日本に伝わり、有頂天や玄関など一部の言葉は、一般社会においても日常語として使用されるようになった。仏教系大学(ぶっきょうけいだいがく)とは、仏教教団が設立した大学のことである。旧芸名・本名は寺杣 昌紀(てらそま まさき)、同じく旧芸名としててらそま 昌紀(てらそま まさき)。多くは仏教形式であるが、自治体によっては、神道形式のものを用意している例もある。
posted by おう at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。